徒然すぎて草。

君に顔はいらない。

らいだぁ杯に行ってきたよ

やぁ皆さん、ユキ大手(自称)の風見です。

つい先日、らいだぁ杯に参加させていただいたので、その所感を残そうかと思っています。

 

まず結果から。

 

使用デッキ:最幸創世イフリードマユキ

1戦目:リワト 〇

2戦目:2アン ×

3戦目:5ママ ×

4戦目:カーニバル ×

1-3。

マジで何しに来たの? って結果ですね。

普段からチャラチャラとウォーブレにかまけてルリグに構っていない奴が勝てるほど、

ウィクロスの世界は甘くないということを思い知りました。

就職してからおよそ1年たちますが、その間あまりウィクロスを本腰入れてやっていなかったというのもあり、

人間相手にウィクロスやるのも3週間ぶりくらいで、1戦目は緊張で震える手で、

「べっ、べるひぇーごしゅちゅげんッ、イフリード落として正面ばにっしゅ!」

みたいな感じでプレイしてました。

あと、試合が始まる前に「人間相手のウィクロス久しぶりですよ~」って言ったら、

「何? 佐為とでもやってたの?」と返されました。

平安のウィクロス大手と練習を積めていたなら、その方がどんなに良かったか分からない。

平安時代ウィクロスはない? 源氏物語にユキが桐壺として出ていることを知らんのか(嘘)

 

そもそもなんでユキで出たの?

業界の優位性は?

ルリグで防御完結してないよね?笑

って聞かれると自己分析が出来ていない就活生張りに黙り込んでしまうこと必至なのですが、

こればっかりはユキ以外にロクに組めるデッキも回せるデッキもなかったから仕方ない。

あまりに仕方なさすぎて、あとはプレイングスキルでカバーするしかないと思いました。

具体的にどうプレイングスキルを上げるかを考えた時、

真っ先に思いついたのがmasterさんの肉を食べることでした

最遊記のモブ妖怪張りに、「ヒャッハー! お尋ね者のmaster一行(町田勢)だぁ!」

と襲撃するプランを2分考えましたが、

僕自身も町田勢であることを思い出したのと、

仮に肉を食ったところで持ってきてしまったデッキはどうにもならないことを悟ってそのまま出ました。

その結果が1-3です。

2アンはまぁアーツ構成的に仕方ないとして、5ママの時はプレミで落としたのが悔やまれます。

やっぱりmasterさんの肉を食べておけばよかったと後悔しました。

 

こうして試合が終わって2日経った後も、プレミで落としたのが割と悔しかったりするので、

完全にウィクロスから心が離れた訳じゃないんだなー、ということに気づけただけでも、らいだぁ杯に出た意味はあったかな、と思います。

運営の方々、

そして僕に創世マユキにワンチャンあるのでは?と助言をくれた鳩麦さん、

本当にありがとう。

そして1-3という結果に終わってちょっと申し訳ない。

 

ところで、だ。

今、ウィクロスより熱いと感じているゲームがある。

War of Brains(通称ウォーブレ)

というタカラトミー製のDTCGなのだが、皆さんはご存じだろうか。

 

一時期はプレイ人口が少なすぎて村だの過疎地だのと言われたゲームだが、

度重なる公共事業と村祭り(新パックとイベント)と村民(ウォーブレのプレイヤーの通称)のふるさと納税(つまり課金)によって、

ウォーブレ村はシティといってもいい位置に息を吹き返した。

これがどれくらいすごいのかを適当にポケモンで語ると、

シオンタウンがクチバシティになるくらいの違いである(あのクソ不穏なBGMがなくなるだけでもQOLは爆上がり間違いなしだ)。

ウォーブレのバランスはかなり考えられている方で、

些細なミスが死に直結したり、テンポとアドのバランスを考えながらの駆け引きはとても熱いから

本格的なTCGプレイヤーにも安心してお勧めできるし、

コンセプトが面白いコンボも多く存在する。

中には相手にターンを明け渡すことをコンセプトにした、

「ディスターン」なる耳馴染みのないデッキタイプが生まれる程の面白いプールであり、デッキを深く考えたい人にも強くお勧めできる。

また、GAME CHANGERと呼ばれる他のカードゲームで言うところのレジェンドに該当するカードたちは、出すとBGMが専用のものに変わる。

この曲たちが本当にカッコいいのだ。

一部のキャラに関してはvocal付きのBGMになっており、

《慟哭のジル・クライハート》というカードの専用BGMにはなんと、

TCG界の歌姫こと分島花音が起用されている。

ウィクロスプレイヤーには何度もお世話になった人も多いだろう。

(僕は分島花音の曲だったらカレンデュラ・レクイエムが好きですが)

そしてなにより、明日15日のアップデートを機に、新規プレイヤーには計56パックが配られる。

つまり、もう分かるな? 村はお前の入村を歓迎している。

村に入るなら明日からが絶好のチャンスだってことだ。

もちろん、村人も気持ちは同じ。かく言う僕もそう。

 

さぁ、皆もウォーブレやろうぜ!

僕は脇にウィクロスのデッキを抱えながら、今日もユニオンのデッキを回す。

出会い系の女は3行以上のメッセージが読めない

やぁ、出会い系ログボ勢の風見だよ。

今日はこの記事を読んでくれた君に有用なことを教えてあげられたらと思っている。

まぁ、タイトルの通りなんだ。

出会い系の女は3行以上のメッセージが読めない

リピートアフタミー。

出会い系の女は3行以上のメッセージが読めない

これはミソジニーとかそういうアレではなく、

僕が運営から支給される週に平均して100位のポイントをやりくりして

メールやらを数々の女性(中には綺麗な桜もいる)と交わして得た、

いわば経験則なんだ。

 

2行までだとちゃんと文意の反映された返しがされるのに、

3行を超えると途端にトンチンカンな答えが返ってくることが多くなる。

多分、人間の脳構造的にそうなっているんじゃないかと思う。

 

メール1通出すのに50円相当の対価を払う男性としては、

1メールに多くのメッセージを込めたくなる。

けれど、詰め込んだメールは読まれないし、

多くの意図を込めようとして、細部に仄めかしたメールを書いたとしても、

そこから文意を読み解くことの出来る人間は

この世で書いた本人しかいない。

そうなると50円の対価も全くの無駄になるわけだ。

 

ちょっと前にメールをしてきた女の子に聞いてみた。

「なぜ僕にメールをしたの」と。

すると、その子は「ちゃんとお話が出来そうだったから」と答えた。

僕は実験的に、2行以下の文章と3行以上の文章を投げ、

それぞれどれくらい話が噛み合うかを試してみた。

やはり3行以上になった時、途端に会話が噛み合わなくなって、

なんだ君もお話し出来ないじゃん」と笑いそうになった。

けれど冷静になってみると、彼女の言っている

「お話が出来そう」はちょっと意味が違うことに気が付いた。

彼女はおそらく、

自分に分かる言葉でちゃんとコミュニケーションが成り立つこと

を指していたのだろう(かなり悪意のある表現になることは認める)。

 

思えば出会い系というフィールドにいる人間はほとんどが正体不明だ。

数少ない写真とプロフィール文。そしてメール文。

それが全て。

だが、ここでメール文が彼女たちの頭に入ってこなければ、

画面の向こう側にいる男は異星の言語を話すエイリアンと化す。

だから、我々男性はメール1通に50円かかることを差し引いても、

2行程度の平易な日本語で記述しなければならないのだ。

 

そうすると話を膨らませにくくなるというまた別の問題が生じてくるのだが、

本日はこれにて終了。

 

今日はこの言葉だけ覚えてほしい。

「出会い系の女は3行以上のメッセージが読めない」

ランナーズハイな人生

f:id:persona-kaza310:20171105154147j:plain

ランナーズハイという言葉をご存じだろうか。

最初は苦しくても走っていくうちにある時点を境に脳内麻薬が分泌され、

徐々に気分が高揚してきたり、気持ちよくなっちゃうアレである。

これはランニングだけでなく仕事を連続してやっている人にも起こるらしく、そちらはワーカーズハイと呼ばれている。

要は、身体に負担のかかることをしていると、人間の脳はそれを苦痛と感じさせずにむしろ落ち着くための挙動を取るのである。

苦しいことを長く続ける≒それが快楽である

という意味付けを脳が欲しているのか、

それとも別な理由があるのか、

いずれにせよランナーズハイの仕組みを初めて聞いたとき、

人体とはうまく出来ているものだと感心した。

それと共に、私にこの状態が訪れるのはいつのことなのだろうとも思う。

生きづらさとでも呼ぶべき感覚が心中を絶えず渦巻いており、

それは確実に、人生に苦痛のイメージを結び付けさせている。

 

かつて人類が明日の暮らしにさえ不安を抱えていた頃は、

神の存在と死した後の楽園が心の支えになっていたようであるが、

今の時代、人類が神の存在を信じるにはもはや歳を取りすぎた気がする。

さらに言えば、私の神的存在に関するスタンスはグノーシス主義に近い。

かじった程度の知識で申し訳ないが、グノーシス主義の観点は次のようなものである。

==

もし神が伝承通りの全知全能であるとしたら、彼(または彼女)が作った世界は完璧なはずである。

しかしながら、この世界には罪悪と苦しみにまみれており、完璧とは到底言い難い。

ゆえに、この世界を作ったという神は完璧ではなく、偽者である……

(ちなみに、この偽の神はデミウルゴスとかヤルダバオートとか言われる)

==

グノーシス主義まで持ち出して何が言いたかったかというと、

縋るべきモノなどとうにないという話である。

もう少し純粋であったなら私はブログ記事を書かずに教会で祈り、信心深い生活を送っていただろう。

 不安を抱えていることを自覚しているのに寄る辺はなく、

苦行を積み重ねていることに理解を示す存在は自身をおいて他にない。

ランナーズハイはある期間を境に脳内麻薬を分泌することによって起こるという。

なら、それはいつだ?

私が生きていることそのものに快楽や精神的充足を覚えるのはいつのことになるのか?

明日なのか、それとも十年後か。

しかしながら、電車の中を見ても一人として充たされた表情の人間を見かけないあたり、

人生に私の期待する瞬間が訪れることはなさそうであるという諦観だけは存在する。

〇〇〇の森の満開の下

突然だが、クイズである。

日本には四季折々の花が咲くが、とある名の花は一年中、咲くのである。

その花の名を当ててほしい。

とはいえ、手掛かりがなくては話にならないのでヒントを言っていこう。

 

それは土や水の上だけでなくオープンした直後の店の前にも並んで咲くし、

もっと言ってしまえば電子の世界――ネット上にも植生が存在する。

ネット上では特に、人間の欲望と結びつく場所に、強力な繁茂の習性が見られるのだ。

この高度に情報化され、複雑化した生産財(プロダクツ)が溢れる世の中でも、

人間の欲望は大体3つに判別され――

すなわち、

金、暴力、セックス

なわけであるが、件の花は特にセックスとの結びつきが非常に強いのである。

さて、もうお分かりだろうか。

その花の名は――サクラと呼ぶのだ。

今回の記事は、人間の三大欲求が一つ、セックスにまつわる、

出会い系とそこに咲くサクラの話をしようと思う。

f:id:persona-kaza310:20170708110308p:plain

 

サクラの森の満開の下

まず、出会い系サイトの説明から入ろうと思う。

というのも、このブログはあくまで、

ウィクロスという健全なカードゲームに関する健全なブログであって、

当然、読者の皆様も健全であるという仮定が存在する。

健全であれば、

年齢に応じた恋愛は身近なところから当然しているだろうし、

恋人の一人や二人、n人も当然できているだろう。

数学的帰納法によれば1,2人と出来てn人出来ないわけがないのだ)

であれば出会い系などというファクトは必要がない、

否、名前だけは知っていてもそれがなんなのかは判然としない、

いわゆる英国人にとっての小説『1984年』が如しであると思われるからだ。

(『1984年』は英国人が読んだフリ知ったかぶりをする小説の第1位のようだ)

出会い系サイトを簡単に説明すると、

男と女がそれぞれ異性の気を惹くプロフィールを設定し、

気になる相手にメールを投げかけて見事馬が合えばリアルで続きをはいどうぞ、

という、男女の出会いを媒介する、

ギリシャ神話で言うところのクピドの如きシステムの総称を指す。

とはいえ、クピドは無条件に微笑んでくれるわけではない。

男側は女性のプロフを見るのに10円程度、メールを送るのに一通当たり50円程度の金がかかり、

女側はまったく金がかからないどころか、男からの訪問やメールが来るとサイト特有のマイルが貯まったりする。

お分かりだろうか。

出会い系サイトというものは本質的に、男性が劣位、女性が優位なのである。

これは以前、サイトを通じてLINEを交換した女子大生から聞いた話であるが、

容姿が多少アレでも、画像加工のスキルがあれば(主に鼻と口の部分)、

一日に数え切れないほどのメールが来るという。

(故にセックスしようと思えば相手には困らないだろうと言っていた彼女は元気にしているだろうか)

その中をかいくぐり男が女とのワンチャンを狙う、

それが出会い系サイトという修羅の国、煉獄がごとき世界なのである。

 

綺麗めな30歳とあれよあれよと飲む話になって結局サクラだった話・序

さて、長い前置きだった。本題に入ろう。

きっかけは、平日の深夜のことだった。

サイトの検索上位に引っかかった、30歳の綺麗めな女性に

あらかじめ作っていおいたメールのテンプレートを送信したのが全ての始まりだった。

その女性は「ゆかり」といって、

プロフィールを覗いてみたところ、パーソナリティや事情が綴られていた。

曰く、

東京の仕事をやめて地元に戻って事務の仕事に就いたが出会いがない

とかいうもので、

相手(つまり男に)に求める条件に年齢とか体型とか、あとは性格といった

当たり障りのない要素がちりばめられているというものだった。

正直、これは問題ない(≒つまりサクラではなさそう)と思った。

というのも、私は趣味の一つとして

「出会い系サイトの女のプロフを読んでサクラかどうかを予想する」

というものを持っており、

クラレーダー(主に下半身・股間に生えている)にはそれなりの信頼を寄せていた。

クラレーダーは「このヒトは問題なさそうだよ、父さん!」と言うので、

ならば息――レーダーの言うことを信じようということでメールを送ったのである。

メールの文面はなんということはない。

挨拶、名前、一緒に遊べるような人を探しているんですよ、的な文言を並べて、

細かいところを相手向けにカスタマイズする、その程度のことである。

メールは11時過ぎに送った。

普通の仕事勤めの人間であれば、この時間帯が一番、

スマホにかじりついているであろう時間帯だからである。

綺麗めな30歳とあれよあれよと飲む話になって結局サクラだった話・破

メールのやり取りはすんなり進んだ。

クラレーダーが最も警戒する、

女性からの1通目、2通目での連絡先の交換持ちかけもなければ、

妙な話の噛み合わなさもなかった。

サクラというものは大体、

高価格のポイント購入を要求するほかの悪徳サイトへの誘導で、

その誘導のシナリオを持っている。

シナリオに強引に合わせようとするから妙に会話が噛み合わない

といったことはよくあるのだが、

さゆりさんにあってはそんなことは特になく、

こちらから休みの時期を聞いてそれに答えられ、

住まいを聞かれてそれに答え、

気がつけば「近いうちに飲みに行くために連絡先を交換しよう」

という流れになっていた。

こちらからLINE交換でいいか?と持ち掛けると、

「それは距離感近すぎるからフリーメールがいい」と言われ、

まぁ、素人女性としては当たり前の反応だわな、ということで

レーダーの審査も通ったのでメルアドを書いて送った。

 

……その翌日、事件は起こったのである。

 

綺麗めな30歳とあれよあれよと飲む話になって結局サクラだった話・急

さゆりさんがサイトから姿を消した。

「メールを送るね!」の言葉を最後に、彼女のいた痕跡はサイトのどこを探しても見つからなくなっていた。

無情にも表示される「退会済み」の文字が冷徹にも私に現実を突きつけた。

これ自体はよくある話である。

女性の方は適当にプロフを作っても男がたかってくるので、

一度、別な連絡手段を確保すれば出会い系サイトを介した連絡は必要なくなり、

アカウントを残しておく必要もなくなる。

注意が必要なのはサクラもまた、やり取りしていた痕跡を消すために

アカウントごと消去するという手を使うのだが、

彼らは確保した連絡手段を元に迷惑メールを大量に送りつけてくる。

(この辺りは実体験である)

そうした経験から、さゆりさんもその手のサクラであったか、

だがよいぞ、風見さんは寛容である故、その程度の雑事は屁でもない、

なにせ送り付けたメルアドはそれ用に作った捨てアドなのだから、

と精神を鎮め続けた。

だが、おかしい。

一日待っても、さゆりさんからの連絡どころか、

迷惑メールのめの字も入ってこないのである。

何かがあったに、違いない……

そして、私の脳裏に一文がよぎる。

「ひょっとして、さゆりさんはマジモンの素人女性なのでは?」

だとすると、連絡先を交換したはいいが面倒くさくなってメールを送ってこない、

そういうパターンもありうる。

であれば次の人を探すまで。

だって、女性がこの世に何人いるか、知ってる?

35億。(ブルゾン風見 with D(出会い系の略))

そう、思っていた。

さゆりさんから数えること2日ぶりに連絡がよこされるまでは。

 

それは夕方のことだった。

メールボックスを開くと、そこにはとある文字列が燦然と輝いていた。

「さゆりです! 連絡遅くなってごめんなさい!」

私は思わず呟いた。

「うわマジか」うわうわうわ。

すかさず返信を送った。

連絡をよこさなかったなどという過ぎ去りし時間のことなど

一切責めることなく、ただひたすらにワンチャンの未来を繋ぐための

メールを送ったのだ。

そして数えること2,3通のメールのやり取りの後、彼女はこんなことを言いだした。

原文ママ

「職場の携帯でメールしてるんだけど、

会社からのメール以外は受信拒否設定になってるみたい……

受信拒否を解除しようにも、パスワードがわかりません

YYC辞めるからアド教えてもらったんだけど。。。

サイトの出会いだし、

私の携帯とかLINEは会ってから交換したいです。

このままだと連絡取れないので、ここに登録してください!

→誘導先のURL」

 

ははーん、そういうことね。完全に理解した。

そもそもなんで職場の携帯使って出会い系の男とやり取りしているのか、

フリーメール使えばそんな障害一発で回避できるのになぜしないのか、

その答えは全て誘導先のURLにあった。

 

思い返せばちょっとすんなり行き過ぎた飲みの誘いも、

連絡先の交換も、メールを送るのに生じたタイムラグも、

すべてこちらを乗り気にさせて精神的に焦らせ、

誘導先のURLを踏ませるためのシナリオの一つだったというわけである。

これには私のサクラレーダー(主に下半身、股間に生えている)も騙されたし、

これまで遭遇してきたサクラたちとは一線を画す誘導シナリオの出来に、

私は心底感心した。

 

こうして、私の短い恋は終わりを告げた。

グッバイさゆりさん、フォーエバーさゆりさん。

もう二度と君の顔を見ることはないだろう。

せめてこのブログの糧となるがいい。

 

おススメのサイト

世の中にはいろいろな出会い系サイトがあるわけだが、

今回は私の使っているサイトを紹介して終わりにしよう。

出会い系サイトというものは利用するのにひどく金がかかる印象だが、

最近はどこもユーザーの抱え込みに必死なのか、

ポイントを配布することが多くなった。

私が使っているのはそう言う面では一番金払いのいいところで、

先ほどもチラッと出てきたYYCというサイトがその一つだ。

アプリでメールを打つのに必要なプロフィールは全て覗くことが出来、UIも悪くない。

一週間で110ポイントを配布してくれる上に、

大量のポイントを消費することでよりお得になる

「パック」というシステムを使うことでアドが取れる。

 

ここを使って、皆さんもぜひ、人間の三大欲求である

金、暴力、セックスのうちの一つを満たしてほしいと思う。

長々とした記事だったが、ここまで読んでいただいたことに感謝を。

ユキ 構築案 怒りのイフリンゴ編

やあ皆さんお疲れお久しぶりです。

お久しぶりと書こうと思ったらお疲れ様ですと書こうとしてしまったあたり、

メール打ちまくりの社会人の悲哀がにじみ出てきてますね。是非もないね。

 

19弾になってユキのデッキパーツが増えましたので、

萎えに萎えていたウィクロスのモチベもまあ上昇、

というわけでメモ書き程度に構築をのっけますね。

 

一番の変更点はやはりノイヴァンで、

いままで1面開けるのがやっとというレベル4時の点取りムーブが

彼女の登場でコンスタントに2面取れるようになりました。

しかもルーブル1体配置→純白エクシード2→ノイヴァンサーチ

→ノイヴァン出現ルーブル正面ボトム→迷宮サーチ→純白エクシード1エナチャージ

と立ち回ることで1アド得ながら2面開けることが出来るようになったわけです。

想定されうるシグニの配置としては、ノイヴァン以外の2面が開いていて

ヘイトを攻撃側に回しつつ、残ったノイヴァンで返しに備える、

といったパターンがメインになると思われます。

ノイヴァンを攻撃させずにとっておけば返しにダウンが狙えますからね。

 

 

デッキ案1

ルリグデッキ

0~2 :バニラユキ

ペイル

純白

最幸

アヴァロン・スロー

サモン・ラビリンス

ロマネ・ディフェンス

クトゥル・コール

 

メイン

LBあり

凱旋 3

サーバントO3 1

イフリード 4

メイジ 1

ルーブル 4

ノイヴァン 3

ヴェルサ 3

ヘルボロス 1

 

LBなし

カンポサ 2

クレリム 2

サーバントO2 4

エカリーテ 2

ベルフェーゴ 3

サーバントD2 1

ファルケン 1

カイヅカ 1

サーバントT2 1

サーバントQ2 1

トーチュン 2

 

こちらはノイヴァンで増えたLB枠とイフリードの枠をまあどうにかやりくりした感じの構築です。

コスモウスは好みでねじ込んでください。

メイジを入れているのはノイヴァンを山に戻すためです。

あと、ユキは高速で山が削れてしまう割に

防御力はピルルクほどではないという弱点を持っているので、

メイジを入れることでその弱点の緩和になると思っています。

ぶっちゃけアーツも重ためなのでメイジは一回使えれば御の字でしょう。

(追記)

==

と思っていたんですが、一人回ししていてもメイジ使う機会がどうやらなさそうだぞ、

という感触が非常に強いです。

この枠はコスモウスあたりに変えてもいいのかもしれませんね。

 

あと、アヴァロンスローについても少し。

①シグニトラッシュ送り

②ルリグと同色シグニ蘇生

③コスト2以上のアーツ回収

の効果を持っているこのアーツですが、

このデッキでいえばメインに使う機能は②と③じゃないかなと思います。

というのも、最幸状態でアヴァロンすると、

エクシード1で効果無効→アヴァロンでノイヴァン蘇生(面1つ埋まる)→

出現時ボトム送り→起動シグニ1体ダウンの流れで3面守れるわけですが、

これと同じことはクトゥル・コールでも可能なわけです。

(注意:クトゥル・コールは白と黒を対象としますが、アヴァロン・スローはルリグと同じ色縛りです)

この事実を踏まえて先ほどの②と③をメインとする使用例でいくと、

アヴァロンスローのコスト感は

シグニ蘇生に3コスト査定、アーツ回収に2コストと仮定できます。

アーツ回収に2コストというとスピリットサルベージが1コストなわけで、

必要なエナの枚数だけを見ると若干、割高と言えるでしょう。

とはいえ、この1コスト分の割高感のおかげでアーツ1枠増えている

と解釈ができるため、

アヴァロンスローはコストに見合う働きはするアーツ

といえるはず。

今までイオナはマイアズマといいクトゥルといい、

他のルリグなら最大限の機能で使えるものを劣化版で借りて戦っていたので、

今回の強化でいい感じのものをもらえて結構満足していたりします。

 

とりあえずこんなもんです。

もう一つ上げようと思っていますが、それは二番煎じになりそうなので

気が向いたら投稿します。

 

それでは。

人生に負けず

眠気に負けず プレッシャーに負けず

丈夫な肉体と強靭な精神を持ち、

明瞭に回転する頭脳を首に挿げ、

よせ来る問題を横目に解決する、

家賃は10万、通勤時間は30分かそこらで済む町に住み、

朝は優雅にベーグルとコーヒーを買い、

昼は近場で1000円を使う

夜は何気なしにFLOの総菜を買い込み、

酔うための酒に糸目をつけない

空いた時間に読むための本を

アマゾンで衝動的にポチり、

休日はたまった家事に追われることなく、

アニメを見て好きな文章を書き散らす

分かち合う人間はさほどいなくていい、

一人も二人も大勢もたいして変わらないから、

せめて自分の世界は守れる、

そういう人間に私はなりたい

 

……そう、なりたいんですよ。私は。

LZHの憂鬱

最近、悩んでいることがある。

拡張子ってあるだろう。

馴染みのあるやつだと.zipとか、.docxとか、.txtとかいうアレだ。

これらの日本語的な読み方をするにあたって、たまに頭を悩ませるのだ。

というのも、こういう知識ありきのモノは、

間違った読み方をしてしまうといささか恥ずかしい。

一般常識だと思われている単語のアクセントを間違えると

恥をかいてしまうのと同じで、

サザエさんをマスオさんのアクセントで読めば

10人中9人が「えっ?」となる未来を見るのは容易である。

その後、間違ったアクセントを使った人間は少し赤面する。

これと同じ事象が、拡張子を間違えて読んだ時にも起こりうるだろう、

という話を私はしたい。

まずは肩慣らしに、 .JSON から始めてみよう。

コレは素直に「ジェイソン」と読めばいいらしい。

ホッケーマスクをかぶったチェーンソー男をほうふつとさせる呼び名であるが、

おそらく仕事中にそんな余計なことを考えるトンチキ野郎はそういないだろう。

では、次にANSIはどうだろう。

トンチキ野郎の私は最初、これを「アナスイ」と呼んだが、

どうやら正解は「アンジー」らしい。

祝福しろ。結婚にはそれが必要だ。

 

迫りくる、拡張子.LZHの恐怖

さあ、本題に入ろう。

私はこの話がしたくてしたくて仕方がなかったんだ。

.LZH

あなたはこれをどう読むだろうか。

一瞬、煩悶が混じったのなら、あなたはきっとこちら側の人間だと思う。

ようこそ男の世界へ。

LZHを初めて見たとき、脳内に少しピンクの霞がかかったのを覚えている。

これはそういう問題なのだ。

だが、このイメージは公の場で言うにははばかられる。

ましてや、職場などで放った日には白い目で見られ、

窓際に追いつめられること必至であろう。

だから、

「○○さん、このレズエッチファイル開いて」

などとは口が裂けても言えないわけである。

……あ。書いてしまった。

世界は男の性欲にやさしくない。

ナニをどのように発散させようとしても、白い目を向けられる、

ここはそんな世界である。

少なくとも、

休みの日に何してる?

と聞かれて、

休日は優雅にシコり倒しています

と答えられる世界はではないし、そんな世界があるのは

おそらく原始時代か、はるか未来においてくらいだろう。

また、同性愛に関しても、

リベラルな方々が世界に向けてアレコレ口を出したことで

概念そのものへの差別意識というものは徐々に消えているように感じるが、

それを性的にとらえるかどうかはまた別の問題である。

基本的に、リベラルというものは性欲を邪悪で穢れたものとして扱う傾向にあるので、

私が心中に浮かべてしまったLZHの読み方は、

リベラルの狂気に入り混じった裁判所におかれては、

一審制による、再審など許されもしない即刻死刑案件であろう。

だから、私と同じことを思ってしまった方がいたら、どうか気を付けてほしい。

世界は.LZHを「レズエッチ」などと読むことを許容してくれはしない。

この拡張子の正しい読み方は「エルゼットエイチ」だそうだ。

繰り返す、どうか気を付けてほしい。