読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然すぎて草。

君に顔はいらない。

最幸ユキ構築考②

ウィクロス・デッキ

前回に説明しきれなかったカードの採用について考えていきます。

今回はダイホウイカや、

創世の巫女マユ&真名の巫女マユ

の採用についての考えをまとめます。 

 

ちなみに、①はこちら。

persona-kaza310.hatenablog.com

 

 

1.ダイホウイカについて

このカードを積むメリットは主に2つあります。

  1. レベル4になるまでにおける、イオナの点のとれなさをカバーしてくれる。
  2. 金字塔で積み込むことで、カードを確認しつつ引ける。

前回も書きましたが、

迷宮軸のイオナはトーチュン・ウィップとドロンジョのコンボくらいしか、

序盤に安定して面を開ける手段がありません。

また、純白に乗った後でも、盤面を開けられるのは1度くらいのもので、

終盤に至るまでの点を取る能力はかなり低いと認識しています。

 

ダイホウイカは、そのあたりの弱点を補ってくれると共に、

積極的に引きたいサーバントの調達手段になりうるカードと言えます。 

また、終盤に腐る低レベルの迷宮を捨てて点に結びつけられること、

ルーブルで弾を調達できることを考えると、相性はそれなり……

そんな風に考えていた時期が俺にも(ry

はい、世の中上手くいきません。

どんなところがマズかったのかを挙げていきますと、

  • ルーブルのサーチを最大限使う動き
  • ダイホウイカを立てる動き

この2つが絶望的なまでに噛み合わない。

リミット11の壁はこんなにも厚い。

かといってリミット12のレベル5ならいいんだな、となるほど世の中甘くない。

例えば、ルーブル2面、イカの盤面を作ったとして、

ユキのデッキバウンス起動、2枚サーチ、アタックフェイズ2枚ドロー……

確かに強そうな動きではありますが、全く盤面に拘束力がないんですよ

あと、パワー7000のラインがすんなり焼けない。

 

ユキ経験者(変な意味じゃないよ)なら分かると思いますが、

レベル4時の1面だけルーブルの力が及んでいない場所から、

シグニでどうにかされて盤面がズタボロにされるという局面が結構あります。

制圧はきっちりやろう、という教訓が得られるわけですね。

 

ちなみに、イカを使ったデッキ案がこちらになります。
デッキ名: 最幸ユキ
作成者: 風見
(デッキ作成サイトで見る)
ルリグデッキ
【ルリグ】
1×《恋慕の巫女 ユキ》
1×《純白の巫女 ユキ》
1×《最幸の巫女 ユキ》
1×《ネプト/メイデン イオナ》
1×《ハーフ/メイデン イオナ》
1×《ペイル/メイデン イオナ》
【アーツ】
1×《バロック・ディフェンス》
1×《フォーカラー・マイアズマ》
1×《クトゥル・コール》
1×《クライシス・チャンス》
メインデッキ
【シグニ】
3×《探求の思想 ハニエル》
1×《コードメイズ クレリム》
1×《やり直しの対話 ミカエル》
1×《コードメイズ エカリーテ》
4×《サーバント O2》
2×《サーバント D2》
2×《サーバント T2》
1×《サーバント Q2》
2×《コードアンチ アステカ》
【スペル】
3×《トーチュン・ウィップ》
メイン(ライフバースト)
【シグニ】
2×《コードメイズ 凱旋》
3×《コードメイズ 金字塔》
4×《コードラビリンス ルーブル》
3×《コードキャッスル ヴェルサ》
3×《コードアンチ ドロンジョ》
2×《コードアンチ メイジ》
3×《幻水姫 ダイホウイカ》

色々と試作段階のデッキですが、だいたいこんな感じです。

 

・創世の巫女&真名の巫女

ひとつ前の環境では、真名に大変お世話になりました。

おそらくリカブトによるブースト、詰めのヘルボロス&エレチェア、

といったコンボはまだまだやれるのではないかと思いますが、

ヴェルサとは噛み合わないので考える必要がありますね。

 

創世の巫女は、

ウィクロスカード大全Ⅴに乗っているユキのレシピに最終地点として登場していました。

バイブルを買え

概要をかいつまんで言うと、最幸に乗ってから創世でフィニッシュ、(あるいは逆?)

というもので、当初、Twitterを眺めていると批判的な意見がポツポツ見られました。

そこまでする必要ある? という意見が多かったですかね。

かく言う自分は、あのレシピを書いた方の見当がついていたので、

「あの人らしい」(フルメイデン→創世→黒点とかやってた方ですし。強かった)

と思う反面、原始人が高いテクノロジーを見つけてしまった時のような、

思考が追いつかない感覚を味わいました。

なので、思考が追い付かないなりに、創世を入れることの効用について書いていきたいと思います。

 

1.ピルルクAPEXにワンチャン出来る

これが現環境で一番大きな理由ではないでしょうか。

相手がレベル5に乗る前に創世に乗って殺すプラン。

そのために序盤からアグレッシブに点を取り、

フィニッシュまでもっていくことが理想ですね。

もちろん、そのためには先攻を取っていることが大前提ですが……

 

2.ヴェルサとめちゃくちゃ相性がいい

エクシード1で3面効果無効をし、ヴェルサの効果で3コスト払って全面開け、

それでいて相手のエナは増えてないとなるとかなりの圧力をかけられます。

しかも最幸→創世と乗った場合、エクシード1が1回分余裕を持って撃てる。

ザ・噛み合いの塊。

ヴェルサ自身には何の耐性も存在しないのが救いというかキズというか。

 

アーツは実質4枚で、攻め手に申し分なく、いざとなればエクシード5でキル出来る

となると創世を入れるメリットはかなり高いかもしれません。

アーツの種類が増やせず、硬直化するリスクは否めませんが、

マイアズマなど柔軟性のあるアーツが増えたのでそこまで問題はないかもしれません。

 

今日は疲れたのでこれで。

あと何記事か続けます。

 

続きはこちら。

persona-kaza310.hatenablog.com