読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然すぎて草。

君に顔はいらない。

最幸ユキ構築考③~序盤編~

今回はレベル1~3の序盤について。

点を重視するか、アドバンテージを重視するかで構築が大きく変わります。

場合によっては全くと言ってもいいほど別のデッキみたいな動きになるので、

その辺りの違いも面白いところです。

 

1.凱旋、(アステカ)、ドロンジョ、トーチュン

親の顔より見た光景。

5弾環境6弾環境から続く、生きた化石みたいな流れです。

上手くいけばレベル2時点で3面空け、相手に圧力をかけていけますが、

いかんせん手札が心もとない上に、

思考停止でやったがためにレベル4までにルーブルを持ってこられなかった、

という大チョンボが起きかねない流れ。

環境にピルルクがのさばるなら早いところ点を取りたい、

という欲目もあり、この流れの採用はまあ考えてもいいか、というレベル。

正直なところ、ドロンジョはいいとしてもアステカの採用はかなり怪しいところです。

環境に増えるであろう

ピルルク、遊月、アン、アイヤイ、紡ぐ緑子、ウリス

辺りには全く効果がなく、

見れるとしたらせいぜいメインに面を開けてくるタマかハナレくらいなので。

さらにカイヅカというニューフェイスがアステカにとっては逆風であり、

f:id:persona-kaza310:20160809125158j:plain

しかもカイヅカはヘルボロスと合わせると

12000を処理できるという明確な強みがあるので、

アステカの枠は他の迷宮シグニやトーチュンウィップ追加あたりに渡した方がよさそうです。

 

2.迷宮シグニで固める

f:id:persona-kaza310:20160809125702p:plain

コラ画像作るの面倒だったんや

迷宮シグニアド取り三銃士()

コロッセオは13弾にしてようやく登場したバアルサイクルマクロスの風を感じる)で、

クレリム・エカリーテは前述のとおり、シンプルにアドが取れるカード。

とはいえ、レベル4になってからでないと「バニラシグニが相手ゾーンにいる」という

条件が安定して満たせないので序盤は信用できません。

ルーブルのLBを踏んでもらえば効果の起動は可能ですし、

カンポサを使えば一応、使えるので悪いことだらけではなさそう。

自分の中ではこの構築がイチオシです。

 

3.テッサクサイクルを使って手札温存

最初はこの人やシンギョあたりを使って手札消費を押さえつつ、

ガン積みしたダガやヴィックスで点を取る構築を考えてました。

ですが安定してダガを持ってこられないし、

テッサクが数ターン生き残ったところでゲームメイクが有利にならないので即日却下。

 

4.金銀軸

対緑子・ピルルクといったところでしょうか。(ついでにタマ)

単純に相手からアドバンテージ手段を奪うのって強いとは思うんですが、

基本的にこの人たちは互いに揃わないと仕事をしてくれないので、

(あとスロットも食う)

この辺りは好みかと。

個人的には遊月のメインウェポンであるボルシャックに効果がない、

というところがいただけないですね。

まあ、アパトを封じられるだけマシなのかもしれませんが。

※宗教上の理由でクロスが使えないという方にはおススメしません。

 

5.ベルフェーゴ&イフリート

f:id:persona-kaza310:20160810201821j:plainf:id:persona-kaza310:20160810201855j:plain

序盤にアドバンテージを失わない除去と15000を処理する防御を構えられるプラン。

ベルフェーゴには凱旋を通じてアクセスでき、

その凱旋にはハニエルを通じてアクセスする手段が存在するので、

安定した面開けを展開することが出来ます。

このプランのメリットは山を圧縮できる点にもあり、

能動的に鯖を抱えるのが難しいイオナにとっては嬉しい副作用です。

 

イフリート起動の15000ラインも環境にマッチした効果であり、

防御プランとしては申し分ありません。

また、ベルフェーゴがレベル2であることはメイジの種にもなりやすく、

さらにいえばキンカク&ギンカク との相性もリミット的に良好です。

たとえば、

ベルフェーゴの前をイフリートで開け、

残り面に金銀を立てることによって、1点か金銀のヘブン成立

のどちらかを相手に選択するように迫るというのも面白いと思います。

もっとも、このプランはむやみに相手にエナを贈りかねないので手放しには使えませんが。

 

このプランの難点は、スペースに余裕がないこと。

イフリート4枚とベルフェーゴ数枚のスペースを割いてしまい、

さらに金銀まで入れるとなると他のカードが入れにくくなってしまいます。

手札補充に金字塔を積極的に入れたいものですが、キンカクとイフリードに

押されて採用の枠はあまり取れそうになさげです。

しかしながら金銀は先述の通り決まれば非常に強いカードなので、一考の余地はあると思えます。

 

とりあえず思いつく限り書いてみましたが、

他にもイオナの序盤の動きはあるかもしれません。

自分はこんな戦法だよ、という方はぜひ、コメントをお待ちしています。

 

私の記事でイオナ(ユキ)に興味を持ち、構築の参考にしただけたなら幸いです。

 

次の記事は今弾で自分が注目を置いているアイヤイか、

ハンサムアンシエント軸のどちらかで記事を書こうと思います。