徒然すぎて草。

君に顔はいらない。

イカがなくても勝てるルリグがいるんですよ(勝てるとは言ってない)

前にダイホウイカを祭り上げる記事を書き、時価3000円で売れる、

と書いた3日後に3500円までつり上がっていたことに驚いております。

ダイホウイカというカードの強さは 

persona-kaza310.hatenablog.com

 この記事で余すところなく説明しましたし、巷では

「イカ4枚所持に非ずんばセレクターに非ず」

みたいな風潮が流れているので、

ウィクロス=イカみたいな図式が出来上がりつつあるんだなあ、

とひしひしと思いますね。

ですが、ちょっとここで考えてみましょう。

本当にイカを使わないと現代ウィクロスに勝てないのか?

私、知っていますよ。

イカを使わないで戦うルリグ。

f:id:persona-kaza310:20160809110858j:plain

ユキっていうこんなに美しいルリグなんですけど。

なんですけど。

 と、いうわけで今回は改めてユキの記事です。

ではまず、この記事を読んでくださっている方に簡単な質問をしたいと思います。

いくつか群に分かれた質問がありますので、それに最も当てはまった数が多い群を答えとして参照してください。

凡例:A群3つ、B群2つ、C群4つ→C群の解答へ

 

A群

・相手の苦しむ様が見たい

・戦況は自分で掌握してナンボ

・運に左右されない安定した戦いをしたい

・アドバンテージが全ての基本

 

B群

・手早く点を取っていきたい

・攻撃こそ最大の防御だと思う

・相手が「うわ、速すぎ、ゲームにならない」といった顔をしているのが好き

・相手の並べたシグニを片っ端から吹き飛ばしていきたい

 

C群

・とにかく守りを固めるのが好き

・攻守の駆け引きの瞬間が好き

・耐えて耐えて、その先に勝つのが好き

・「堅ってえよ」と相手がぼやく様を見るのが楽しい

 

 

 

 

 

 

 

A群のコントロール型に該当したあなたは、

相手を翻弄したり、制圧するのが好きな人。

効果無効やデッキバウンス、配置変更といったトリッキーな能力で相手を翻弄する、

迷宮使いのイオナ/ユキがおすすめです。

 

B群のビートダウン型に該当したあなたは、

点数の取り合いやインファイト戦法が好きな人。

序盤からイフリートで点を取り、終盤でもデッキバウンスで点が取れる、

いざとなれば創世に乗って轢き殺せる、

迷宮使いのイオナ/ユキがおすすめです。

 

C群の防御型に該当したあなたは、

堅実に、じっくりと戦うのが好きな人。

効果無効によって相手の攻め手を封じていくことの出来る、

迷宮使いのイオナ/ユキがおすすめです。

 

いかがでしょうか。

あなた好みのイオナ/ユキはいましたか?

迷宮デッキを組むモチベが上がってきたと思います。

しかしながら、いくらモチベがあってもお金がなければデッキを作ることは出来ません。

「カードは拾った」

が通用しないのが現実世界の悲しいところ。

そこで、いくつかのデッキ候補案を上げていくので、それぞれの予算帯にあったデッキ構築を見つけ、

イカ4枚を買った場合と比較をしていきましょう。

 

現状、私の考えうる範囲では、

メインデッキの構築がだいたい3種類

ルリグデッキの構築がだいたい3種類となっていますので、

それぞれの属性を掛け合わせて話をしていきます。

 

まず、ルリグデッキを最幸で止める場合。

アーツは

クトゥル・コール

フォーカラー・マイアズマ

ロマネ・ディフェンス

スピリット・サルベージ

を想定。

この時点で大体の額が

純白+最幸+クトゥル+マイアズマ+ロマネ+スピサル

=700+1000+5000+200+200+500=7600円ほど。

ホロにすると無限に金がかかるので、今回は出来るだけ安く済ませる方向でいきます。

 

次に、最幸→創世と乗るプラン。アーツ2枚型。

純白+最幸+創世+クトゥル+マイアズマ

=700+1000+1500+5000+200=8400円ほど。

創世の分、少し高くなりました。

 

今度は純白→創世のプラン。

純白+創世+クトゥル+マイアズマ+ロマネ

=700+1500+5000+200+200=7600円ほど。

 

ここにメインパーツが加わり、

基本パーツの高額品がルーブル4枚とヴェルサ3枚、ヘルボロス1枚と仮定すると、

1200*4+600*3+1600=8200円ほど。

ここから、デッキの方向性として、

コロッセオなどのアド取り要員を多めに積む型で

10円ストレージなどから漁り、先ほどの高額パーツと合わせて合計9000円ほどでしょうか。

金銀型でも同じくらいの9000円くらいだと思います。

次に、イフリート型。

イフリートが800~1000円ほどなので、

それが4枚とすると先ほどのパーツと合わせて12000円ほど。

 

以上から、

(最幸*コロッセオ:16600)(最幸*金銀:16600)(最幸*イフリート:19600)

(アーツ2枚*コロッセオ:17400)(アーツ2枚*金銀:17400)(アーツ2枚*イフリート:20400)

(創世*コロッセオ:16600)(創世*金銀:16600)(創世*イフリート:19600)

目安として、これくらいの数値が出てきました。

 

一方、ダイホウイカの価格は店頭販売額が4000~5000円ほどなので、

これを4枚集めるとすると16000~20000.

これにオプションとして水天一碧を買うと25000~26000ほどになります。

26000円払ってもカードが5枚しか買えませんが、

そのお金をユキに投資するとなんとデッキが丸ごと一個作れて、その余ったお金でホロに出来る。

無限のアドを感じますね。感じませんか?

おい、そこのお前!

そのカード5枚に含まれる迷宮成分はデッキ一個分だぜ!

光ったクレリムはいいぞ。光ったエカリーテはいいぞ。光ったコロッセオはいいぞ。

まぁ、凱旋と金字塔は一生光らないんですけどね。

悲しい……。

 

また、ユキは苦手とするピルルクや遊月の後攻マッチなどを除けば、

比較的オールラウンドに戦うことの出来るルリグですし、

サーチやドローソース、エナ供給もそこそこ安定し、

金字塔での積み込みやサーチによる圧縮などに頭を回せば、

なかなかテクニカルに動かせるデッキだと思っています。

そのため、初心者から熟達者の間で幅広く扱えるでしょう。

 

ロストレージが放映されたのを機にウィクロスを始めようと思ったけど、

「半端な覚悟で入ってくるんじゃねえ、ウィクロスの世界によ!」

と言われてイカの値段にドン引きなあなた。

イカを他のデッキに使っていて、移動させるのが面倒なあなた。

ユキはそんなイカ難民を優しく包み込んでくれる、

そして現代ウィクロスに荒んだ我々の心を癒してくれる、

太母(グレートマザー)とでも呼ぶべき存在であることは明らかですね。

 

それでは。

 

 

※当ブログ・徒然すぎて草はピルルクAPEXに有効な対抗手段のタレコミを募集しています。

twitter→@Kaza3i_hiziri