読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然すぎて草。

君に顔はいらない。

カーニバルデッキの草案

f:id:persona-kaza310:20170222111922j:plain

一旦、構築が落ち着いた感があるので、メモ程度にカーニバルのデッキレシピを。

 

ルリグデッキ

STカーニバルのレベル0から3

カーニバルQ

ダブル・チャクラム

アイスフレイムシュート

自由自罪

天一碧(2枚目の自由自罪でもいいと思われる)

スピリットサルベージ

 

メインデッキ

LBなし

ブンテン 4

コウドウ 4

サーバントD2 1

タイトツ 2

スズビラ 3

ゴルドガン 2

グレホザメ 1

連滅の凱歌 3

 

LBあり

サーバントO 4

サーバントO3 4

ブドー 1

アルベド 2

デュランダ 1

サーバントT 1

ダイホウイカ 4

ラフレア 2

テンドウ 1

 

とりあえずこんな感じです。

 

序盤の弱さをどうにかしたい

アドが取れなきゃ点も取れない。

全てはブンテンとコウドウという単体で何も仕事をしないシグニを入れているせい

なのですが、これを入れないとソラフレアアルベドが仕事をしなくなってしまう。

ラフレアはともかくアルベドは欲しいカードを持ってくるのに非常に便利。

ピン差しが多いこのデッキにおいては非常に重宝するので、

これを抜くならデッキ構成そのものを変える必要がある。

一方、アドを取るためにはデネキュすら入れることが視野になってくる。

だが、この選択肢は

どうしても水が欲しいけど泥水しかないのでそれをすすった方がマシ

というレベルなのであまり積極的に使いたくない。

f:id:persona-kaza310:20170311095739j:plain

なお、そうしたアドバンテージ面を緩和するために、スズビラを投入した。

出現時に緑以外の2色を宣言し、トップ2枚と色が合うカードをエナか手札に加える、

というカードである。

赤と青と言ってイカが捲れると大変うれしい。

これのヒット率を増やすためにサーバントを1枚くらい削ってもいいかもしれない。

 

序盤の面開けもとても貧弱。

タイトツもブドーもそこまで信用をしていない。

一瞬、ランサー目当てで「ぷにとー」を入れていた時期があったが、

  • 盾からめくった時のストレスが半端じゃなかった
  • レベル2のリミットが4だったこと
  • 序盤にしか仕事をしない、後半に引くと腐ること

以上の3点から採用を見送った。

こうした事情から、序盤の面開けは連滅の凱歌に任せきりにしている。

 

顔芸をしながらジョーカーを宣言しよう

f:id:persona-kaza310:20170311102054j:plain

このデッキには1つ、ジョーカーを使ったギミックを仕込んでいます。

キーパーツは

  • ダイホウイカ
  • ゴルドガン
  • トラッシュのグレホザメ

の3枚で、6連続パンチが出来ます。

場を

ダイホウイカ、ゴルドガン(ゴルドガン前の面は空いている)、適当なレベル3以下

トラッシュにグレホザメ

を置いた状態でアタックフェイズ入り、イカ効果で2ドロー、

カーニバルQコインベット「ジョーカー」でイカをサメに変更。

これをすると、アタックフェイズ中にカードを2枚引いたという履歴が残ります。

この状態でゴルドガンが盾を割ると、ゴルドガンの効果で1枚ドローが出来、

「合計3枚引いた」ということになり、サメの効果が起動、

引いた枚数分、つまり3体のシグニがアップするということになります。

つまり最高で6連続パンチです。

しかし、アーツ1枚で止まるのとパワーラインが低いのとであまり期待はできません。

アーツ要求手段の一つ・面白ギミック程度に考えておきましょう。

 

3戦くらいして思ったこと

イカをふんだんに使うならもっと違うデッキの使い道があるよね。

というのが正直な感想。ピルルクとかピルルクとかピルルクとか。

というかなんでロストレージにピルルクを出した。

どうやら次の弾にはカーニバルに両面レゾナが、それも超攻撃的なのが

配られるっぽいので、イカの呪縛から逃れることが出来そうです。

それでも貧弱なアド面をどうにかしないと未来がない気がするけども。