徒然すぎて草。

君に顔はいらない。

ユキ 構築案 怒りのイフリンゴ編

やあ皆さんお疲れお久しぶりです。

お久しぶりと書こうと思ったらお疲れ様ですと書こうとしてしまったあたり、

メール打ちまくりの社会人の悲哀がにじみ出てきてますね。是非もないね。

 

19弾になってユキのデッキパーツが増えましたので、

萎えに萎えていたウィクロスのモチベもまあ上昇、

というわけでメモ書き程度に構築をのっけますね。

 

一番の変更点はやはりノイヴァンで、

いままで1面開けるのがやっとというレベル4時の点取りムーブが

彼女の登場でコンスタントに2面取れるようになりました。

しかもルーブル1体配置→純白エクシード2→ノイヴァンサーチ

→ノイヴァン出現ルーブル正面ボトム→迷宮サーチ→純白エクシード1エナチャージ

と立ち回ることで1アド得ながら2面開けることが出来るようになったわけです。

想定されうるシグニの配置としては、ノイヴァン以外の2面が開いていて

ヘイトを攻撃側に回しつつ、残ったノイヴァンで返しに備える、

といったパターンがメインになると思われます。

ノイヴァンを攻撃させずにとっておけば返しにダウンが狙えますからね。

 

 

デッキ案1

ルリグデッキ

0~2 :バニラユキ

ペイル

純白

最幸

アヴァロン・スロー

サモン・ラビリンス

ロマネ・ディフェンス

クトゥル・コール

 

メイン

LBあり

凱旋 3

サーバントO3 1

イフリード 4

メイジ 1

ルーブル 4

ノイヴァン 3

ヴェルサ 3

ヘルボロス 1

 

LBなし

カンポサ 2

クレリム 2

サーバントO2 4

エカリーテ 2

ベルフェーゴ 3

サーバントD2 1

ファルケン 1

カイヅカ 1

サーバントT2 1

サーバントQ2 1

トーチュン 2

 

こちらはノイヴァンで増えたLB枠とイフリードの枠をまあどうにかやりくりした感じの構築です。

コスモウスは好みでねじ込んでください。

メイジを入れているのはノイヴァンを山に戻すためです。

あと、ユキは高速で山が削れてしまう割に

防御力はピルルクほどではないという弱点を持っているので、

メイジを入れることでその弱点の緩和になると思っています。

ぶっちゃけアーツも重ためなのでメイジは一回使えれば御の字でしょう。

(追記)

==

と思っていたんですが、一人回ししていてもメイジ使う機会がどうやらなさそうだぞ、

という感触が非常に強いです。

この枠はコスモウスあたりに変えてもいいのかもしれませんね。

 

あと、アヴァロンスローについても少し。

①シグニトラッシュ送り

②ルリグと同色シグニ蘇生

③コスト2以上のアーツ回収

の効果を持っているこのアーツですが、

このデッキでいえばメインに使う機能は②と③じゃないかなと思います。

というのも、最幸状態でアヴァロンすると、

エクシード1で効果無効→アヴァロンでノイヴァン蘇生(面1つ埋まる)→

出現時ボトム送り→起動シグニ1体ダウンの流れで3面守れるわけですが、

これと同じことはクトゥル・コールでも可能なわけです。

(注意:クトゥル・コールは白と黒を対象としますが、アヴァロン・スローはルリグと同じ色縛りです)

この事実を踏まえて先ほどの②と③をメインとする使用例でいくと、

アヴァロンスローのコスト感は

シグニ蘇生に3コスト査定、アーツ回収に2コストと仮定できます。

アーツ回収に2コストというとスピリットサルベージが1コストなわけで、

必要なエナの枚数だけを見ると若干、割高と言えるでしょう。

とはいえ、この1コスト分の割高感のおかげでアーツ1枠増えている

と解釈ができるため、

アヴァロンスローはコストに見合う働きはするアーツ

といえるはず。

今までイオナはマイアズマといいクトゥルといい、

他のルリグなら最大限の機能で使えるものを劣化版で借りて戦っていたので、

今回の強化でいい感じのものをもらえて結構満足していたりします。

 

とりあえずこんなもんです。

もう一つ上げようと思っていますが、それは二番煎じになりそうなので

気が向いたら投稿します。

 

それでは。