徒然すぎて草。

君に顔はいらない。

最低限のコストでホ別2万の人を見抜く方法

待ち人来たらずなんてことはよくあるが……

f:id:persona-kaza310:20180819200616j:plain

今日、とあるサイトで女性と待ち合わせの約束をしたのですが、普通にすっぽかされました。

こんなことは初めてではないのでショックとかは全然ないんですが、

時間と金を無駄に使わされたという点において、ホ別2万の人よりよっぽど悪質だなぁ、と思いました。

FGOのガチャに例えるなら、

金色になる演出が出たのに星3のサーバントが出てきたくらいの渋さです。

想像しただけでスマホ投げつけたくなるでしょう?

これがリアルの人間が起こしたものだと考えてください。

キレたくなるでしょう?

しかし、私《わたくし》、大人なのでそんなはしたなくはキレませんし、

ガチャなら引くまで引きますし、

会うためなら会えるまでメールしますわ、オホホホ(ヤケッパチ)。

実際何人かには会ってますし(震え声)。

 

f:id:persona-kaza310:20180819201519p:plain

 

おっと、ホ別2万って何でしょうか、ですか?

ホ別2万。

この言葉は出会い系サイトを始めると必ずぶち当たる、

相手にするだけ金と時間が無駄な概念でございます。

せっかくなので今回は、以下のテーマでお送りします。

・ホ別2万とは?

・ホ別2万に時間と金を無駄にしないために

 

 What's  ホ別2万?

知らない人のために説明すると、

「ホ別2万」というのは一種、ああしたサイトの隠語のようなもので、

「おせっせする代わりにホテル代と別に2万払ってね」という意味です。

ホテルの料金込みで考えると、だいたい2.5万くらいの出費になりますかね。

ちなみに2万の部分が1.5万になったりすると、

「ホ別イチゴ」とか「ホ別苺」とか言われたりします。

苺の差し入れで許される方がいるなら、正直会ってみたさはありますが(ネタ的に)、世の中そう甘くはありません(苺だけにね)。

出会い系のサイトメールでやり取りしていると、結構こうした手合いが多かったりします。

プロフィールなんかを見てある程度吟味したつもりでも、「またか……」となることが結構多いです。 

 

対価に対する考え方

ホ別2万の人に対する考え方は人それぞれなんじゃないかな、という気がしています。

パッと思いつく限りだと、以下の4つに反応が分かれるのではないかと。

・高い。なんでそんな金を払わなきゃならんのだ

・まぁ別にいいけど

・風俗行った方がよくね

・そもそも売春で犯罪では?

 

この捉え方の何が正解か、ということを論じる気は私にはありません。

強いて言うなら、一番下の反応は法律的に一番正しいと言えるでしょう。

そもそもホ別2万を提示する人は以下のタイプに分かれるからです。

 

・出会い系サイトを利用して客を釣る元締めに雇われた援デリ業者(風営法に準拠した業者ではない)

・素人の小遣い稼ぎ

 

このどちらも、法律の枠組みから外れているか、罰則になる対象になりますから、そうした提案をされた時点で手を引いた方がお利口さんです。

金を払ってまでそういうことをしたいのであれば、ちゃんと法律を満たしたお店を選んだ方が、多少金額が高くついてもリスクヘッジと考えれば妥当な金額でしょう。

(なお、そういうお店に行った際の当たりはずれは保証しませんが)

 

そして、高いとお考えになった方。

一旦、男の立場から離れて女性の立場からモノを見てみましょう。

そもそも、人間の身体的な性差から言って、セックスのリスクは女性の方が遥かに背負う仕組みになっています。

中絶は身体的・精神的なダメージを伴う行為ですし、もちろんタダではありません。

もしくは、上のリスクにプラスして、生活費を稼ぎたい、といった理由もありえます。

そう考えると、2万という対価は女性側から見て、妥当だと考えている金額と捉えることは出来ないでしょうか。

つまり、何が言いたいかというと、

法律的な見地で割に合わないといった見解を抜きにして、対価を高いと考えることそのものが、向き合う女性の人間性を蔑ろにしてませんか?

という話です。

さらに言うなら、そういった姿勢がご自分の心を追い詰める結果になっていませんか。

 

手段と目的を見極める

仮に、彼女ナシや童貞から抜け出したくてそういうサイトを使い始めたとして、

ホ別2万の人で済ませたとしたとき、その人が得られるモノはあるのでしょうか。

彼女を作ったことのない人が風俗で卒業したけど、心の穴が埋まらなかった、

といった事例も、人生で一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

お金の絡む恋愛はむしろ恋愛力を下げるとも言いますしね。

 

そもそも、心情的に満たされないものがあるから、そういうサイトを使い始めたんじゃないの?

という話でもあるわけです。

なので、やりたいだけならお好きにすれば、となりますが、

仮に心理的な問題の解決を望むのなら、

大人しく普通の人を選んでコミュニケーションをとった方が数倍効果があるかと思います。

 

ホ別2万の人を見極める2つのポイント

さて、普通の人を探すぞ、となった時に、ホ別2万の人をどうやって候補から除外するか、というお話をしましょう。

見抜くポイントは2つだけです。

・女性側から送られてきたメール

・女性側から2通目のメールでフリーのメールアドレスの交換を持ちかけられる

 

たったこれだけです。

嘘やろ? と思われる方は、上記のパターンが出た時にメールを続けてみてください。

多分、ホ別2万の条件を提示されるかと思います。

もしくは他の高額有料サイトへ誘導されるかのどちらかです。

 

順番に、理由を解説していきます。

まず、なぜ女性から送られてきたメールが地雷か、というと、

出会い系サイトは基本、女性受け身かつ男性は掃いて捨てるほどいる世界だからです。 

女性が都合よく誰か一人のプロフィールにたどり着き、甘い気持ちでメールを送った……

という話は基本的にありえません。ファンタジーとも言えます。

 

次に、2通目のメールでアドレス交換を持ちかけられるのがなぜ地雷か、という話ですが、

これは常識的に考えて見ず知らずの男に、女性が自分から進んでアドレス交換を持ちかけたいか?

という問いに対する答えが全てになります。

基本的にしたくないですよね。

これは私が実際にサイトを通じて会った女性にも聞いてみたことで、

「大して知りもしないうちからLINE交換を持ちかけられるのはちょっと……」

との談でした。

そりゃそうだ。

 

では、逆に、アドレス交換をしたがるホ別2万の人の心境はどうか、というと、

これはサイトの運営に目を付けられたくないからですね。

こういうサイトは昔から売春の温床になると言われ続けているので、

運営側もそれなりに気を配って監視をしています。

そのため、ホ別2万側としてはお咎めのない個人間のメールでのやり取りに切り替えたいわけです。

個人間のやり取りになった途端、もうやり取りはフルスロットルです。

長期的に会う、初回だけ2万、などということをチラつかせつつ、

女性にはリスクがあるので、といった論法で金額交渉をしてきます。

リスクがあるのは分かりますが、

長期的に会う前提で初回だけ2万にして、という嘘はあまり美しくはないですね。

それでも払っちゃう人がいるので、こうした人たちが今も元気にアダルト掲示板に書き込んでいる訳ですが。

 

ホ別2万を除外したら

本当の戦いはここからです。

人間同士として、相手とやり取りをしなくてはならないのです。

プロフィールからメールを打つと、

10人いたら3人から返事が来て、そのうちよくて2人がLINE交換が出来、

そのうちの1人が実際に会えるかどうか、といった打率です。

なので0を1にする段階だと結構精神がすり減ります。

個人的な経験ですが、サイト内にあるアダルトな内容の掲示板より、

ランチに行こうといった内容メインの掲示板、

いわゆるピュア掲示板の方がプロフィールを覗いてメールを打つより、

遥かに打率がいいと思います。

会うインセンティブが働いている人が出していますからね。

 

まぁ、私のようにいざ約束してもすっぽかされることもあるんですが、

よくあることだと思って諦めてください。

約束の時間を何の連絡もなしにある程度過ぎたら潔く帰る、等の

自分ルールを課しておくと、時間も無駄にせずに済みます。

私は前に2時間くらい粘って物凄く惨めな気分を味わいました。

気づけよって話なんですが。

 

ちなみに

今日、すっぽかされて浮いたお金は灰流うららの購入資金になりました。

f:id:persona-kaza310:20180819225312j:plain

 

おしまい。

次か、その次くらいの記事はナイトプール潜入記事とかになるかもしれません。

 

Amazon欲しいものリストはこちらです↓

http://amzn.asia/c2ndUeb

 

いただいたりするとテンションが爆上がりします。

 

あわせて読んだらいいことがあるかもしれない記事:

persona-kaza310.hatenablog.com