徒然すぎて草。

君に顔はいらない。

眼鏡のオタクがコンタクトに挑戦しに行った話

オタクが眼鏡を外す日

今日、人生で初めてコンタクトレンズなるものを眼鏡屋に行って試してきた。

この世に生を受けて二十余年、

「目の中にモノ入れんの怖いじゃん?」

という理由で敬遠してきたのだが、

「風見君、眼鏡かけない方がイケてるじゃん?」

という言葉を受けてちょっと試してみるかなあ、と思った次第である。

我ながらゲンキンなものである。

ふと、眼鏡キャラがそれを外すに当たっていちご100%を思い出したが、

よくよく考えたら眼鏡キャラだった東城は結局、真中争奪戦に敗れたじゃないか

と思い、オレはこの方向性で大丈夫なのだろうかと思わなくもない。

この記事を読んでいる諸兄は4人いたヒロインのうち誰がお気に入りだろうか。

私は、東城綾北大路さつきで迷うところである。

東城はスペックが高すぎて、付き合うには男の方も見合うようにしないと

勝手に男の側が辛くなって関係が壊れるパターンになる気がする。

さつきはグイグイ来てくれるエロい子(真中のことが好きという大前提るにしても)で、

童貞としては理想に近いタイプの女子なのではなかろうかと思うのだが、

なんというか、どちらかの気持ちが醒めた時が恐ろしいのではなかろうかと思う。

また、思うに、真中が西野を選んだのは、

かわいくて、

そこそこ手ごろで、

恋のライバルがいる焦りがあって、

という点に集約されるのではないかなぁ、と思う。

南……? 知らない子ですね……。

 

話がかなり逸れてしまったが、初めて装着したコンタクトレンズの感想は、

「裸眼でちゃんとモノが見えるのって、久しぶりだな」だった。

初めての装着はそこそこ難しく、

応対してくれた、ギャル曽根にそこはかとなく似た店員(以下、ギャル曽根と呼称)が言うには、

「初めての人はコンタクト入れるのに30分とか1時間とかかかる人もいて、

中には『私には無理!』って言って帰っちゃう人もいるんですよ~」

とのことだった。

へぇー、そんなもんなのか、と思いながら頑張っているとギャル曽根が、

「お客さん、目が大きいから多分大丈夫です! 頑張ってください!」

とか言うもんだからこっちもなんだか気分がよくなる。

オレは目が大きい! 誰がなんと言おうと目が大きいんだ。

結局、20分かそこらで両目をつけることに成功し、

「なかなかこんな短時間で付けられる人いないですよ~!」

ギャル曽根がダメ押しで褒めてくるので、気が良くならないわけがない。

頻繁に付けるかどうかはおいておいて、コンタクトレンズはここで買おう、

と思った瞬間であった。

 

よかったらコメントにいちご100%のヒロインで誰が一番好きだったか書いていってください。

それでは、また。