読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然すぎて草。

君に顔はいらない。

あ~、そっちの方向で規制するんすね…… 繭の部屋更新について

世界大会も終わり、かねてより予定されていた繭の部屋更新がなされました。

そのレギュレーションがこちら。

幻竜アパト:2枚制限

コードアート CL:禁止

 前者は世界大会で優勝した遊月のキーカードであり、なんとなく規制される理由も分かりやすいですね。

皆が当たり前に使っていて、遊戯王みたいにぶっ壊れたアド差を開くカードではないので感覚が麻痺していますが、

  1. 盤面焼き
  2. サーチ
  3. 墓地肥やし

これら3つを1枚のカードで出来てしまいますからね。

捨てたカードはボルシャックの弾丸になると言う隙のなさ。

何も知らない時期に、2chあたりで書かれていたら鼻で笑うようなスペックかと思っていました。

なんだこれ、オリカか? といった感じに。 ルシファルティア……ウッ、頭が……

とはいえ、相変わらずボルシャックがガン積み出来るので油断できません。

個人的にはアパトなんかよりグリアナとかいうカードを牢獄にぶち込んで、

レベル3に生まれ変わってから出直してきて欲しかったですが、ないものねだりをしてもしょうがありません。ルーブルか金銀で効果消します。

 

コードアートCLの禁止については、

  • なんでこのカード刷ったんだろう
  • なんでこれを禁止に指定したんだろう

の両方で思うところがあります。

確かに、このカードが出て来てからしばらくは、ピルルクはおろかエルドラ、時にはミルルンでさえ、

VACとAMSとセットで投入し、雑にハンデスして雑に点数を奪っていくデッキが濫造されました。

そもそも、ウィクロスというカードゲームにおいて、スペルというものは相手のリソースに干渉しやすく、かつ使う側のリソースを増やしやすく出来ているように見受けられ、

そうした種類のカードを雑に回収してしまうカードは、カードパワーの面、デッキ構築の幅の面でも著しく問題があるといえるでしょう。

開発は以前より、ある程度においてどういった環境になるかを予期してカードを考案しているという話から鑑みるに、

CLという問題アリなカードを刷ったのは開発なりの妥当な判断であったと思われます。

 

そして、暴れに暴れてヘイトを貯めたら制限、そして禁止……

これが開発の思う環境のメイキングならこちらも唯々諾々と従うだけですが、

そもそも制限をかけなきゃいけないこと自体、どうなんだろう、という感じがありますので、CLはそもそもなんで刷ったんだろうと思わずにいられません。

 

あと、禁止にかけるならなんでCLを禁止にしたんだろうということも言えます。

今環境で特に問題視されていたのはウォスラループだったと思われます。

延々とデッキを回し続けてハンデス、因果応報による盤面開けとエナ排除を行い、

アイヤイの連パン機構で点を取るこのデッキ、

これは俗にいう「ソリティア」であり、ゲーム性を著しく損なう構築であることはまず間違いないでしょう。

健全なゲームを、というなら規制をかけるべきだという意見には全くの同意です。

 

そのループの渦中にCL、ウォスラ、その他があったわけですが、ちょっと待ってほしい。

なんでCLを狙い撃ちなんだ?

開発はCLの問題性を呑み込んでカードを刷ったのではないのでしょうか? そこまで考えてない?

まあ開発が本当のところ何を考えているかは正直どうでもいいですが、

CLを禁止されることによるピルルクのスペル軸は結構な痛手を被ることは間違いありません。

APEXが出てからというもの、エナ伸ばしはもっぱらクリスタルシールで行われ、手札はスリーアウトで対応していましたが、

その手札アドに重要な役割を担っていたのは間違いなくCL。

それを潰すということはスペル軸を潰すということとほぼ同義であり、仮にもデッキ多様性の保持を考えると、

CLの禁止はちょっと筋が通らないんじゃないかな、と。この言い方もかなりイチャモンに近い性質があることは自覚していますが。

 

そもそも、ループの危険性への対処は《レゾナンス》の時に見せた「同時使用制限」で講じていた運営だったので、

今回も同様の手口で行くかと思っていました。ですが、その読みは完全にアテが外れました。

 

なぜ刷った、であるとか、なぜ狙い撃ちにした、であるとか、そういったところを考えてみると、

これは一種のスタン落ち的な現象であるとか、次の弾でかなり強力なスペルが出てきてしまうとか、そうした事情も考えられなくはないですね。

RAINYを刷って禁止にした開発ですから、まさかそんな壊れスペルを出すことはないとは思いますが。

 

気を取り直して次の環境を見よう

旧きルリグの時代が過ぎ去り、これからは新しいルリグの時代。

禁止や制限にかかったカードのことなんか忘れて、新しいギミックに注目したいですね。

個人的には「あーや」のトラップに注目しています。

あとはレゾナ組の色違いクラスにも注意しておきたいところです。

どうやら、ミュウの方で新たなループが発見されたとかされていないとか。

 

騒動はなかなかなくならないものですね。