徒然すぎて草。

君に顔はいらない。

16弾前夜の徒然草

いよいよ、16弾とスターターが同時発売される段になったわけですが。

私はとある事情からウィクロスから離れていたもので、アンテナが少し鈍っています。

界隈ではイノセント・ディフェンスが強いかどうかなどで軽く揉めているようで。

私なんかは初見で「そんなに強くなくね」などと思ってしまったのですが、

水天を「そんなに強いか?」で2200円で買えたのを見送った人間なので、

自分の感覚はもはやアテにならないんですね。

大体、私が「高額はたいてまで絶対手に入れたいカードか?」

と思ったカードに限って爆上がりするので、

イノセント・ディフェンスは買いですよ、皆さん。

イノセント使って結果残して手のひら返してやりましょうね。

初動で5000円とかいうショップもあって、ウィクロスって遊戯なんかよりも

よっぽど高いカードゲームだよなあと、もにょっている節がなくもないですが。

 

基本的に最終ルリグの外見とシグニのモチーフ、戦い方が全て一定以上のラインの好み

に達していないとデッキを組むことがないんですが、

ロストレージ組はなんだかどれもこれも惜しいラインで、

未だにコインとかナニソレオイシイノ状態。

新しいシステムに積極的に触れて行かないのって、

カードゲームを続けるうえでこういうのってあんまりよくないんですけどね。

デュエマで超次元が出てきたころをプレイしていた人なら

言わんとしていることが分かりやすいと思うんですけど、

超次元が受け付けないとか肌に合わないとか言うなら、

じゃあやめれば? ってなるような状態ですね。

そもそも、人間にとってあらゆる存在は長いこと触れて行かないと

馴染むも好きになるもへったくれもないものなので、

いかにリルがまだ除去性能に不安があろうと、

メルのパーツが高かろうと、

あやみたいな幼女に興味がなかろうと、

ナナシが劣化ミュウにしか見えなかろうと、

組んで回すしか慣れる方法はないのですな。

 

今回はこれで終わり。オチがないのがオチです。

16弾環境のゲームメイク、皆さん頑張ってくださいね。