読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然すぎて草。

君に顔はいらない。

対APEXでのユキの立ち回り

つい先日出たwp(というかクリスマスのやつ)でアぺクスに勝利を収めた経験から、

その時の状況をなるだけ思い出しつつ立ち回りを書いておきます。

ユキ握ってる人に参考にしてもらえたら幸いです。

 まず認識として共有しておきたいのは、

APEX相手に長期戦にもつれ込むのはどう考えても時間の無駄

ってあたりです。

具体的に言うと相手がAPEXに乗るまでアーツを温存するといったプレイングです。

長期戦になると、相手はスペルでリソースを稼ぐついでに

こちらの盤面をズタズタにしていくものですから、それを避けるためにも

なるべく早く、轢き殺すくらいの感覚でいくのがちょうどいいのですね。

たとえレベル3の時にあってもマイアズマを切っていくくらいの感覚です。

そのため、ペイルメイデンに乗った時に2~3面要求、

純白時にも3面要求を行いたいところです。

 

しかし、ユキそのままのスペックだと純白時に3面要求を行うことは

ほぼ不可能(マイアズマ+エクシード2でも2面しか要求できない)

なので、もう1枚、攻める手段が欲しいところです。

実際の試合では凱旋で確認したヴェルサのLBが発動したので

うまいこと行きましたが、運の要素に頼らない面明けの機構が欲しくなります。

候補として挙がるのは、

・ペイル時のマイアズマで12000マイナスとカイヅカ(エレチェア)蘇生をぶん投げる

・ヴィックスを入れて気合で引く

・スパナクラを入れてバウンス

この3つくらいで、それぞれ欠点があります。

カイヅカ蘇生ルート:

相手のシグニをバニッシュしすぎることで、グロウコストが足りなくなる危険性がある。

カイヅカを引くのは気合。

ヴィックスルート:

デッキ内の黒が多くなりすぎてグロウが怪しくなる危険性

そもそも気合で引くのに無理がある

利点:過剰になりがちなハンドリソースを切って面を開けられる

スパナクラルート:

スパナクラに割く枠と白1コストは重い。

利点:ルーブルでサーチが利く

 

こんなところですね。

先日APEXが取れたのはかなり運の要素が強かった(ヴェルサ)のと、

相手の構築・プレイ内容による部分も大きかったので、

まぐれといっても過言ではありません。

これからまだAPEXは環境に居座り続けるでしょうから、

もっと対策を進めていきたいところです。